最新号のご案内

通巻294号(最終号)ファンゾーンとスタジアムを行き来しながら
徹マガフォトギャラリー(EURO2016篇)

(C)Tete_Utsunomiya

■目次

  • ●「さよなら」は言わない。なぜなら──
     メルマガ配信終了にあたって想うこと
  • ●ファンゾーンとスタジアムを行き来しながら
     徹マガフォトギャラリー(EURO2016篇)
  • ●『徹マガ』の思い出と送る言葉
     歴代ゲスト42名によるメッセージ一挙公開
  • ●『徹マガ』ご愛読の感謝と、『WM』ご挨拶を兼ねて
     WM編集準備室(編集部・森衿子)

ファンゾーンとスタジアムを行き来しながら
徹マガフォトギャラリー(EURO2016篇)

 メルマガ最終回のメインコンテンツは、先のEURO2016取材のフォトギャラリーをお送りすることにしたい。今回は6月11日から20日までの10日間、パリ、リール、リヨン、マルセイユに滞在した。チケットを買ってスタジアム観戦したのは2回だけ。あとは基本的に無料のファンゾーンでサポーターの写真を撮っていた。

 タグマ!での『徹壱の仏蘭西日記』でも記したことだが、今回は取材パスを取得できなかったものの、記者席で見られるものが「すべて」ではないということをあらためて実感できたのは、ある意味で収穫だったと思っている。試合の時間や場所に左右されることなく、自分が行きたい場所や見たいものに自由にアクセスでき、思う存分にシャッターを切ることができたからだ。それはまた、久しく忘れていた感覚でもあった。

 今回は、そうやって撮りためた写真の中から25点を公開することにしたい。なお今月30日のイベントでも、現地の写真を交えながらのトークセッションを行うが、少しアレンジを加えた見せ方を考えている。当日、イベントに参加される方は、ぜひ楽しみにしていただきたい。


(c)Tete_Utsunomiya

 クロアチア対トルコが行われるパルク・デ・プランスを目指してメトロに乗り込む。目的地の3つ前の駅から、どかどかとクロアチアのサポーターが乗り込んできて、車内は一気ににぎやかになった。フットボールの祭典はこうでなければ!(6月12日@パリ)


(c)Tete_Utsunomiya

 クロアチアのコアサポーターにとって「必須」とも言えるのが発煙筒。試合前にも景気付けと言わんばかりにこのありさまである。彼らの一部は、グループリーグのチェコ戦で発煙筒を投げ込んで大問題となった。(6月12日@パリ)


(c)Tete_Utsunomiya

 パリのファンゾーンは、 エッフェル塔のふもとにあるシャン・ド・マルスという広大な公園の中にあった。入念な手荷物チェックののち、中に入るとあちこちでリフティングやゲームに興じる欧州各国のサッカーファンの姿を目にすることができる。(6月12日@パリ)

(続きはメルマガで)

続きは徹マガで!

編集部からのお知らせ

BACK NUMBER

294_phTOP

通巻294号(最終号)ファンゾーンとスタジアムを行き来しながら 徹マガフォトギャラリー(EURO2016篇)

通巻294号(最終号)ファンゾーンとスタジアムを行き来しながら 徹マガフォトギャラリー(EURO2016篇) (C)Tete_Utsunomiya ■目次 ●「さよなら」は言わない。なぜなら──  メルマガ配信終了にあたって想うこと ●ファンゾーンとスタジアムを行き来
>>続きを読む

293_phTOP

通巻293号 小さな街の小さなクラブはなぜ成功したのか? 元浦和レッズ監督、フォルカー・フィンケ氏の講演より

通巻293号 小さな街の小さなクラブはなぜ成功したのか? 元浦和レッズ監督、フォルカー・フィンケ氏の講演より (C)Tete_Utsunomiya ■目次 ●身近なサッカーと「世界とのつながり」  EURO2016取材から戻って考えること ●小さな街の小さなクラブはな
>>続きを読む

292_phTOP

通巻292号「サッカーというのは清濁一緒、世界の縮図なんですよ」(賀川浩=通巻244号より) バックナンバーで綴る「徹マガ・記憶に残るインタビュー」<後篇>

通巻292号「サッカーというのは清濁一緒、世界の縮図なんですよ」(賀川浩=通巻244号より) バックナンバーで綴る「徹マガ・記憶に残るインタビュー」<後篇> (C)Tete_Utsunomiya ■目次 ●「通り過ぎる街」で体験したクラブ愛と温かさ  『鳥栖フットボール映
>>続きを読む

more
詳しくはこちら 詳しくは